日経千里販売チケットプレゼント企画

サンタフェ リー・ダークスコレクション

浮世絵最強列伝

~江戸の名品ぞろい~

【申込方法】

 下記の申込フォームに必要事項をご入力のうえ、送信してください。※お電話によるお申込みは 0120-55-4946 まで

【申込締切】

 2019年2月15日(金)24:00まで

【申込条件】

 日経千里販売エリア内で、日本経済新聞各紙をご購読の方

※チケットのお届け時に各新聞をご契約の方は、すべて対象となります。今からお申込みいただいてもかまいません。

※お届けは抽選(50組・100名様)となります。抽選結果につきましては、発送をもってご返答とさせていただきます。

【お届け予定日】

 2019年2月下旬ごろ

【開催期間】

 2019年2月23日(土)~3月11日(月)

 開館時間:10:00~19:30(20:00閉館)

  ※但し、最終日3月11日(月)は16:30まで(17:00閉館)

【開催会場】

 大阪高島屋7階グランドホール

(大阪市中央区難波5丁目1番5号)

【リー・ダークス氏について】

 1935年、アメリカ中西部に位置するインディアナポリス(インディアナ州)に生まれ育ったダークス氏が、最初に日本美術に関心を持ったのは、1958年から61年まで、米空軍士官として来日した際のことでした。東京の横田基地に駐留していた間に読んだジェームス・ミッチェナー「日本の版画」(“Japanese Prints”)をきっかけに、浮世絵版画に特に興味を抱いたそうです。米空軍に服務後は、ダウ・ジョーンズやボストン・グローブ紙をはじめとする米国大手新聞社で記者・編集者、そして経営幹部として活躍。その後は、新聞社の合併・買収に携わり、新聞業界で50年にわたるキャリアを謳歌しました。現在は、風光明媚なことで知られるサンタフェ(ニューメキシコ州)やフロリダ州に在住で、2000年頃から本格的に浮世絵のコレクションを始めました。いまでは初期浮世絵から明治・大正時代に至るまでの250年間に及ぶ素晴らしい浮世絵コレクションを構築しています。

 

メモ: * は入力必須項目です